DVDStyler が呼び出す DVDAuthor の不具合
『トップメニューキーを押すとハングする』
への
対策

更新 2015.04.04

■この不具合の状況

少なくとも V3.0.3〜 では問題ありません(オーサリング時に自動的に
■Create empty VMGM/titleset menus …」となるので)。

DVDStyler で
VMGMメニューを全く配置せず、
[DVD]⇒[オプション] として表示されたウィンドウで
■jumppad を作成」
□Create empty VMGM/titleset menus …」(チェックを外す)
と設定しオーサリングします。

そしてプレイヤーでタイトル再生中にトップメニュー(タイトルメニュー)キーを押すと、ハング(フリーズ)する可能性が高いです。

■この不具合の原因

DVDStyler が呼び出す DVDAuthor が、jumppad 処理用に VMGMメニュー1を自動生成します。
トップメニュー(タイトルメニュー)キーを押すと、そのプリ・コマンド欄でずっとループしてしまいます(PgcEdit のトレースモードで確認)。

■この不具合の対策

一番楽なのは、
■Create empty VMGM/titleset menus …」
と設定することです。

■動作確認環境

Windows7 32ビット
DVDStyler V2.2, V2.6, V2.6.1, V2.7.2, V2.8